NEWS RELEASE
ニュースリリース

ニュース

「地域コネクティッドビジネス」を体現する本社オフィス

第34回「日経ニューオフィス賞」と 「北海道ニューオフィス推進賞」を受賞

サツドラホールディングス株式会社(本社:札幌市東区、代表取締役社長兼CEO:富山浩樹、以下「当社」)の新本社が、日本経済新聞社と一般社団法人ニューオフィス推進協会が主催する第34回「日経ニューオフィス賞」と、北海道事務機産業協会共催の「北海道ニューオフィス推進賞」を受賞しました。

明るく開放的な「BOOK LOUNGE」

■「日経ニューオフィス賞」について
日経ニューオフィス賞は、快適かつ機能的なオフィスづくりの普及・促進を図ることを目的に、日本経済新聞社と一般社団法人ニューオフィス推進協会が共同で主催し、創意と工夫をこらしたオフィスを表彰するものです。2021年の応募総数は152件の中から当社を含め全国で16件が選ばれました。
【日経ニューオフィス賞】
http://www.nopa.or.jp/prize/index.html

■「北海道ニューオフィス推進賞」について
北海道事務機産業協会と共催で地域ブロックごとに選出される北海道ニューオフィス賞ならびに北海道経済産業局長賞も同時に受賞しました。今期、北海道地区で同賞にエントリーされた案件の中では最優秀表彰となります。

■「オフィス・建物」のコンセプト
当社の新本社は、「従業員と組織が互いに選ばれ続ける関係」「地域課題の解決と新しい小売店の形」の模索・実装をコンセプトに建てられました。

■「新本社」の特徴

建物の1階は店舗兼イベントスペース、2階はインキュベーションオフィス、3階は本社執務スペースとなっています。2階の主な特徴は以下の通りです。

 

1.身を置くだけで自然と「学びの意欲」「交流」が生まれるインキュベーションスペース

地域の課題解決や新しい小売の形を模索するパートナーに向けたシェアオフィス「EZO HUB  SAPPORO」もあり、地域のビジネスパーソンが集う場所になっています。

ここでは、従業員や取引先だけでなく、コワーキング会員やテナント企業が雑多に集い、業務を行っている他、施設内には「アート」「サスティナブル」などビジネスマンとしての教養を養う書籍がおよそ3,500冊並べられており、自由に本を読むことができます。

社内外/国内外の多様なコミュニケーション、知と経験の混ざりあいが生まれる共有空間「HUB SPACE」

2.社外にも開かれたイベントスペースとして北海道発のイノベーション創造を目指す

配信機能を有した「BOOK LOUNGE」では、様々な職業/立場の人が集まるON/OFFラインイベントが毎週のように開催されています。

イベントをきっかけとして新たに生まれたネットワークや提携も数多く、社外からの利用依頼も多数寄せられています。

「BOOK LOUNGE」では、およそ週1本のペースで向上心と好奇心を刺激する多様なイベントが行われています

このオフィスを通して、地域のあらゆるヒト・モノ・コトをつなぎ、新たな未来を創造していくことで、当社のビジョンに掲げている「ドラッグストアビジネスから地域コネクティッドビジネスへ(※)」を体現していきます。

※地域に関わるあらゆるヒト・モノ・コトをつなぎ、地域課題を解決する

 

<本件に関するお問い合わせ先>
■サツドラホールディングス株式会社■
北海道札幌市東区北8条東4丁目1番20号
TEL 011-788-5166(代)
担当:HRグループ 組織活性・広報チーム 小寺/池田