マテリアリティ

マテリアリティ特定のプロセス

下記のステップを通じてサツドラホールディングスグループにおける19のESG課題を特定し、優先順位を整理しました。

1. 候補テーマの特定
サツドラホールディングスグループのお客さま、お取引先様、従業員をはじめ、株主・投資家様、公的機関など社内外のステークホルダーからの期待や要請を分析した上で、ESG評価機関などの評価手法を踏まえ、ESG課題を整理しました。
2. 優先度の設定
整理した候補テーマについて、ステークホルダーにとっての重要性と、サツドラグループにとっての重要性を、経営陣と外部の専門家で審議。19のESG課題を設定し、マテリアリティ・マトリクスにしました。
3. 承認
選定した19のESG課題とマテリアリティ・マトリクスはサツドラホールディングスの取締役会にて審議・承認されました。

マテリアリティ・マトリクス