INVESTOR RELATIONS
IR情報

経営方針・ご挨拶

変わり続け、成長を続ける会社に。

平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

わずか15坪の薬店として創業して以来、私たちはドラッグストアの業態変化とともに歩んでまいりました。今、ドラッグストア業界は過渡期にあります。高齢化社会の進行、お客さまのニーズの多様化、規制緩和に向けた医薬品医療機器等法の改正、大企業による中小企業買収などの業界再編。さまざまな事象を背景に、業種業態の垣根を超えた熾烈な競争が繰り広げられ、経営環境は厳しさを増しています。

確かに「ドラッグストア業界」というカテゴリーで見れば、市場規模はおよそ6兆円まで拡大しているものの、成長スピードは鈍化傾向にあると言われています。しかし、その「ドラッグストア」というカテゴリーにとらわれなければ、チャンスは非常に大きいと私たちは考えます。「テクノロジー」と「グローバル」がキーワードとなり、急激に変化している社会。この北海道という地域に目を向けても抜本的な変化が求められ、今まさにそれが各所で起こりつつあります。そんな環境変化へのスピーディーな対応は経営上不可欠。そこで、機動的かつ柔軟な経営判断ができる体制づくり、新規事業への取り組みの加速、グループ会社の採算性の明確化を目的として、純粋持株会社制へ移行する決断を私たちは下しました。

その上で、主な成長戦略を以下のように描いています。”Health & Beauty”を核にした生活便利ストアとして、小商圏でも高収益を実現するべく、サツドラの標準化店舗によるドミナント化を推進。EZOCAを中心に、メディアやコミュニティを自らつくり上げる地域密着型マーケティングの基盤整備。「人に地域に、還る電力。」を掲げた、新電力への事業参入。北海道ブランドを武器にした、インバウンド、アウトバウンド施策の更なる推進。グループ全体でこれらの取り組みを加速させ、さらなる企業価値の向上に努めてまいります。

何より私たちが経営上重視しているのは、株主・投資家の皆さまへの継続的かつ安定的な利益還元です。皆さまとの長期的なお付き合いが実現できるよう、ご期待に応えるべく精一杯努力してまいります。今後とも末永く当社グループへご支援を賜りますよう切にお願い申し上げます。

代表取締役社長
富山 浩樹