ESG
ESG

トップコミットメント

地域課題を解決し、健康で明るい社会の実現へ

サツドラは、経営理念として「健康で明るい社会の実現に貢献する」を掲げてきました。これは、1972年の創業当時から不変の理念です。

2019年には、健康で明るい社会の実現に向け私たちはどうあるべきかを考え、「地域コネクティッドビジネス」という概念を提唱しました。そこには、地域のあらゆるヒト・モノ・コトをつなぎ新たな未来を創造していきたい、という想いが込められています。

現在の日本は、社会課題先進国といわれます。その中でも北海道は、人口減少や少子高齢化に伴うさまざまな社会課題がいち早く顕在化しています。まさに、北海道は「世界の社会課題先進地域」なのです。

このような状況のなか、私たちは地域と共創し、小売業の枠組みを超えて、地域社会のインフラの役割を担い、皆様に持続可能な形で生活サービスを提供することを目指します。
そのために、働きやすく、多様な人材が活躍できる環境の整備と、健全な企業文化の醸成に取り組むことにより、経済、社会、環境のすべてに配慮しながら、公正かつ透明な事業活動を推進してまいります。

サツドラは、社会課題先進地域である北海道の地域課題の解決を通して、健康で明るい社会の実現を目指します。そして、それを日本、さらには世界へと広げていきたいと考えています。

代表取締役社長兼CEO
富山 浩樹