ESGの取り組み

2020シーズン「コンサドーレEZOCA還元金」と「サツドラ売上還元金」をホーム開幕戦でコンサドーレに贈呈

  • 社会

2020シーズン「コンサドーレEZOCA還元金」と「サツドラ売上還元金」をホーム開幕戦でコンサドーレに贈呈

グループ企業の株式会社リージョナルマーケティングは、2021ホーム開幕戦で「EZOCAコンサドーレサポートプログラム」による2020シーズンの還元金をコンサドーレに贈呈。
また、株式会社サッポロドラッグストアーも「SNSスポーツ応援企画」「北海道コンサドーレ札幌コラボオリジナルエコバッグ」の還元金をコンサドーレに贈呈しました。

詳しくはこちら

産業保健師が従業員の心身の健康をサポート

  • 社会

産業保健師が従業員の心身の健康をサポート

「働き方改革」により従業員の健康に関する対応が増していく中、当社では従業員の健康管理を最重要と考え、心身の健康管理を行うエキスパートとして「産業保健師」を雇用しています。
従業員一人ひとりに対する健康管理の活動を重ね、2020年12月7日に「札幌市がん対策認定企業」の「プラチナクラス」に認定されました。

詳しくはこちら

コロナ禍で営業出来ない地元飲食店を支援!サツドラ店舗駐車場をキッチンカーに無償貸出

  • 社会

コロナ禍で営業出来ない地元飲食店を支援!サツドラ店舗駐車場をキッチンカーに無償貸出

新型コロナウイルス感染症拡大により、地域の飲食店が大きなダメージを受けました。2020年12月12日に発足した「キッチンGO!」プロジェクトに当社も参加し、店舗駐車場を無償貸与することで、そうした飲食店のキッチンカー営業を応援しています。

詳しくはこちら

北海道から宇宙へ!「超炭酸水×MOMO応援プロジェクト」開始

  • 社会

北海道から宇宙へ!「超炭酸水×MOMO応援プロジェクト」開始

サツドラの主力商品である「超炭酸水」を1本お買上につき1円を大樹町を拠点にロケット開発を行うインターステラテクノロジス社に還元。道内各地に店舗を構える当社が道民の皆さまの橋渡し役となり、「北海道民みんなで宇宙事業を支援する」という想いで活動しています。

詳しくはこちら

サツドラ店舗に「Amazon Hub ロッカー」を設置

  • 環境
  • 社会

サツドラ店舗に「Amazon Hub ロッカー」を設置

ネット通販の拡大に伴う宅配荷物の増加と、ライフスタイル多様化によって営業時間内に荷物を受け取れないケースが増加していることにより、宅配便の再配達による環境負荷の増加が社会課題になっています。再配達時に排出されるCO2の削減に向けて、サツドラではアマゾン商品の受け取りが可能なロッカーサービスを設置しています。

詳しくはこちら

歩数記録アプリ「サツドラウォーク」で『歩く+健康管理+楽しむ+還元』

  • 社会

歩数記録アプリ「サツドラウォーク」で『歩く+健康管理+楽しむ+還元』

サツドラでは「歩く」ことを通して、生活者の健康づくりをサポートしてまいります。アプリ上で「北海道の各市町村をめぐるバーチャルウォーキングラリー」を体験。歩くことでマイルが貯まり、北海道共通ポイントカード「EZOCA」に交換することでサツドラ店舗などのEZOCA加盟店でも使用可能です。

詳しくはこちら

「HOKKAIDO STAGE AID2020」を応援

  • 社会

「HOKKAIDO STAGE AID2020」を応援

新型コロナウィルスの影響で、活動自粛を余儀なくされた北海道で文化芸術活動を行う人々を応援する「HOKKAIDO STAGE AID」。その活動の一環として、サツドラではオリジナルのエコバッグを制作し、その収益の一部を活動団体に寄付しました。

詳しくはこちら

優しい薬局でありたい…調剤薬局の受付にて「ヘルプマーク・カード」を配布

  • 社会

優しい薬局でありたい…調剤薬局の受付にて「ヘルプマーク・カード」を配布

外見からは障がいがあることが分からない方などに対し、市民全体で合理的配慮を提供しやすい環境を作っていくためのヘルプマーク・ヘルプカード。サツドラでは、この運動に協力し、札幌市内の調剤薬局で配布を行っています。

詳しくはこちら

健康管理は日常生活から…「管理栄養士による栄養相談会」を開催

  • 社会

健康管理は日常生活から…「管理栄養士による栄養相談会」を開催

予防や未病への取組として「食や生活習慣」に対する専門的知識を持つ「管理栄養士」による栄養相談会を定期的に開催しています。

詳しくはこちら

開店時の新型コロナ関連商品の販売方法を見直し、SNSで情報を発信

  • 社会

開店時の新型コロナ関連商品の販売方法を見直し、SNSで情報を発信

「新型コロナウイルス感染症対策グッズを買いたいけど買えない」。こうしたお客さまの声から開店時のマスク販売をいち早く取りやめ、開店時に行列ができるクラスターの防止や、購買機会を均等にするために販売方法を変更。マスクの現状と今後について説明する動画も作成しSNSで情報を発信。自社のピーク時における販売方法を見直し、一人でも多くの方に商品を購入できるようにしました。

詳しくはこちら