ESGの取り組み

サツドラ店舗に「Amazon Hub ロッカー」を設置

  • 環境
  • 社会

サツドラ店舗に「Amazon Hub ロッカー」を設置

ネット通販の拡大に伴う宅配荷物の増加と、ライフスタイル多様化によって営業時間内に荷物を受け取れないケースが増加していることにより、宅配便の再配達による環境負荷の増加が社会課題になっています。再配達時に排出されるCO2の削減に向けて、サツドラではアマゾン商品の受け取りが可能なロッカーサービスを設置しています。

詳しくはこちら

レジ袋有料化を機に北海道の環境保護活動に還元

  • 環境

レジ袋有料化を機に北海道の環境保護活動に還元

2020年7月のレジ袋有料化に伴い、サツドラではレジ袋の収益の一部を北海道の環境保護活動に役立てるため寄付します。

詳しくはこちら

循環社会を目指して…、「プラごみPAY」を北海道地域限定トライアルを実施

  • 環境

循環社会を目指して…、「プラごみPAY」を北海道地域限定トライアルを実施

P&G株式会社及び日本環境設計株式会社とともに、全国に先駆けて北海道から資源の循環社会確立に向けた取り組みを行いました。2020年6月1日から8月2日までの期間で、サツドラ店舗174店に専用回収箱を配置し、プラスチック製空容器を回収するトライアルを実施しました。

詳しくはこちら

地域の学生とコラボしたオリジナルショッピングバッグを発売

  • 環境

地域の学生とコラボしたオリジナルショッピングバッグを発売

地域の学生やアーティストがデザインしたもの、地域のスポーツチームとのコラボデザインなど、オリジナルショッピングバッグを多数発売しています。一部の商品は、販売金額に応じて寄付をするなど、環境面だけではなく活動団体の支援の側面からもマイバック持参を推奨しています。

詳しくはこちら

できることから始めよう「COOL CHOICE」認証

  • 環境

できることから始めよう「COOL CHOICE」認証

サツドラでは軽装(ビジネスカジュアル)を推奨しています。一人ひとりが自ら衣服を調整することで環境に負荷をかけない職場づくりを行います。

詳しくはこちら

お客さまの利便性、宅配便の再配達の社会課題軽減に向け「宅配便ロッカー」設置

  • 環境

お客さまの利便性、宅配便の再配達の社会課題軽減に向け「宅配便ロッカー」設置

サツドラ店舗にヤマト運輸の荷物を受け取るオープン型宅配便ロッカー「PUDOステーション」を設置することで、お客さまの利便性向上に加えて、CO2排出問題や深刻な再配達による社会課題の解決を図ります。

詳しくはこちら