RECRUIT
採用情報

JOB STYLE Case Study

Workstyle女性活躍推進制度
#02

やっぱり店舗が好き!今見つけた私が輝く場所

子育てと店長の仕事を両立。その後本部にて人事部採用の業務にあたるも自ら手を挙げ再び店舗へ。彼女を突き動かした店舗への想いとは。

shere on SNS

新卒入社後、店舗に勤務。産休育休を経て店長に抜擢され、子育てと店長の仕事を両立してきたドラッグストア運営部佐藤。その後本社で人事の仕事に携わりますが、自ら手を挙げ再び店舗に戻ります。この記事の取材中、「ハンドクリームが欲しいんだけど…」と年配のお客さまがいらっしゃいました。即座に同じ目線まで腰を下ろし、「いつものかな?香りがついてない方がいいですよね?そしたら、こっちかな、一緒に行きましょう」と笑顔で案内する後ろ姿を見て、ああ、本当にこの仕事が好きなんだな…と一同納得。自分の好きな場所で精一杯に輝く彼女にお話を聞きました。

店長は、新米ママ!

Q.店舗勤務時代、2度の産育休を取得した佐藤さん。
最初の産休から復帰する時は、どんな気持ちでしたか?

とにかく早く働きたくてウズウズしていました。私の場合は母が働いていたので、育児をしながら働くのは自然なことだったんですね。7ヶ月の産休後、8時間のシフト勤務で働き始めたのですが、体力が落ちていたり会社のシステムが変わっていたりしたことに多少戸惑いつつも、働けることは嬉しかったですね。

Q.産休から復帰後、店長に抜擢されたと聞きました。
はじめての子育てをしながらの店長業務。いかがでしたか?

そうなんです。声をかけていただいて店長になりました。育児との両立は大変といえば大変でしたね。家族のフォローがあったからなんとかなっていました。勤務時間が長いことで子どもに負担をかけているんじゃないか…と思い始めると辛くなるので、あまりネガティブに考えないように、割り切って働いていました。忙しい日々でしたが、店舗でスタッフがイキイキ働く姿を見たり、お客さまが楽しそうに買い物する姿を見るのが好きで。充実していました。

店舗経験が活きた人事部時代

Q.店長を経験後、人事部に異動したと聞きました。どんなお仕事をしていたのですか?
ここでも声をかけてもらって異動したのですが、新卒採用と研修を2年間担当しました。サツドラは、新卒で入社するとまずは店舗で働きます。これまでの店長経験から「サツドラに合うのは素直で健康な人」など現場の視点があったので、採用業務に活きましたね。その時に採用したひとが今は店長として活躍しているケースもあるので、そんな姿を見るととても嬉しくなります。

やっぱり、店舗に戻りたい

Q.2年人事を経験した後、店舗に戻ったそうですね。どういうきっかけだったのですか?
自分から、戻りたいですと言いました。人事としての仕事はもちろん楽しかったのですが、やっぱり現場が好きだなと気づいたんですね。店舗って、毎日変化があるんです。いらっしゃるお客さまも、空気も、並ぶ商品も。店舗があってこそのサツドラ。私は、地域のお客さまと毎日出会える店舗の仕事が、とっても好きなんです。

「母親であること」はサツドラの武器になる

「売場に立つお客さまは、どんな気持ちで商品を見るだろうか」そんな、お客さまの気持ちに寄り添った働き方が彼女の笑顔を裏打ちする。

Q.ひとりの女性、1児の母、2児の母…。
ライフステージが変わったことは仕事にどう影響しましたか?

まず、母親になったことで店舗を見る目が変わりました。この高さにこの商品があったら子どもには危険だな、と気づいて配置を変えたり、自分が日常でよく行くお店、例えばスーパーで店員さんにしてもらったら嬉しいことを、お客さまに感じていただけるよう、以前よりもお客さまの視点で店舗を見られるようになったと思います。

Q.例えばどんなことですか?
お子さま連れのお客さまは、片手に財布を持ち反対の手で子どもの手を握り…と、ちょっとした買い物も一苦労です。例えばお買い上げ点数が多い場合、会計後にカゴを運んで差し上げるのですが、お子さま連れの場合はお買い上げ点数は気にせずいつも運ぶようにしています。あとは、エコバッグを持っているお客様には、お会計後に直接商品を入れて差し上げるなど、小さなことですが少しでもサツドラでの体験が良いものになれば、と思っています。

Q.なんだか佐藤さんは、元気で明るくて太陽のようです…
昔から今のような性格だったのですか?

そんなことないです!でも、母親になって変わりましたね。とても楽観的になりました。昔は小さな失敗も引きずるタイプだったのですが、今は細かいことは気にせず「はい次!」みたいな (笑)「大丈夫、なんとかなる!」が口癖になりましたし、本当にそう思っています。

Q.これからも店舗で働き続けたいですか?
もちろんです!母親であることは、店舗をより良くする武器になると私は信じています。両立は大変と思う方もいるかもしれませんが、大丈夫。なんとかなりますから。(取材:2017年11月)

Person

佐藤 / ドラッグストア運営部

2003年新卒入社。札幌エリアでの店舗勤務から人事部を経て、自らの希望で再び店舗勤務へ。常に明るく元気いっぱいの彼女は、店舗のムードメーカー。好きな食べ物は、肉と甘いもの全般。

shere on SNS

採用情報

CONTACT
サツドラジョブスタイルについて