地域をつなぎ、日本を未来へ。

第70回北海道植樹祭に参加しました!

植樹祭

2019年10月19日(土)、苫小牧「和みの森」にて第70回北海道植樹祭が開催されました。応援する企業として、サツドラも従業員とそのご家族23名で参加してきました!

 

北海道植樹祭について

今年で70回目を迎えた、北海道植樹祭。北海道の森林を育てる、つくることを体験できるイベントとして行われました。

 

北海道植樹の日・育樹の日

北海道植樹の日・育樹の日は、2018年12月25日に全国の他都府県に先駆け制定されました。 北海道命名150年の節目の年に、植樹及び育樹を通じて、 北海道の豊かな森林を未来に引き継ごうという想いが込められています。

  • 植樹の日  5月の第2土曜日
  • 育樹の日 10月の第3土曜日  

第70回となる、北海道植樹祭は制定後初の開催となり、あいにくの雨となりましたが「育樹の日」に開催することができました!

 

植樹祭の様子

アトラクション

「苫小牧市民吹奏楽団」による演奏や、地元のよさこいチーム「夜桜金魚とまこまいJAPAN with 風雪太鼓」による演舞で植樹祭のイベントがスタート!

雨の中、会場を盛り上げてくれました!

 

式典

吹奏楽、よさこいによるアトラクション終了後は、主催者や北海道副知事による挨拶、そして子どもたちによる「緑の宣言」が行われました。

 

植樹の体験

式典終了後に、いよいよ植樹体験!木の植え方の説明を受け、従業員同士・家族同士で植樹を楽しみました!

 

親子で木を植える体験はなかなかできないので、いい経験ができたとの声もありました。私自身、植樹の経験は今回が初めてだったのでかなり貴重な経験ができたと感じています。

 

第44回 全国育樹祭が苫小牧で開催予定!

2020年秋には、北海道で全国育樹祭の開催が予定されています。北海道では、それまでにも北海道で体験できる、育樹イベントを強化するようです!

詳細はこちらより、ご確認ください!