NEWS RELEASE
ニュースリリース

ニュース

【RM】「WeChat Pay」交通機関(バス)に決済システム提供 「チケット購入システム」今後は電車・船舶などへ提供視野に

 北海道 登別・洞爺湖2地区 「道南バス」と実証実験開始へ 訪日観光客の交通利便性向上し「元気です北海道」を世界にアピール

 サツドラホールディングス株式会社(東証一部 証券コード:3544)のグループ企業である株式会社リージョナルマーケティング(本社:札幌市北区/代表取締役社長兼CEO 富山 浩樹、以下「RM」という)は、WeChat Payにおける交通機関向け「チケット購入システム」の提供を開始することをお知らせいたします。
 これに伴い、11月19日から道南バス株式会社(本社:室蘭市/代表取締役社長 矢野 輝佳、以下「道南バス」という)と協力し、2路線(登別温泉エリア・洞爺湖温泉エリア)約120台の路線バスにおいて実証実験を開始いたします。
※路線バスにおけるWeChat Pay「チケット購入システム」の導入は日本初。

 今後は、道南バスとの実証実験を進めると同時に、訪日客の利便性向上や、導入事業者様の課題解決を目的とし、電車や船舶、タクシーなどバス以外の交通機関へのWeChat Pay「チケット購入システム」提供を視野に情報収集や調査・システムの改善を行う予定です。

■道南バスにおけるWeChat Pay「チケット購入システム」
導入日時: 2018年11月19日
導入路線:登別温泉エリア(登別駅前⇔登別温泉エリア)
     洞爺湖温泉エリア(洞爺駅前⇔洞爺湖温泉エリア)の2路線

詳細はこちら