女性の働き方

サツドラでは多くの女性社員が活躍しています。どのような働き方を彼女たちがしているのか、店長の1日をご紹介しましょう。

店長人間生活学部卒業

店長の1日の仕事の流れ

8:00出勤

まず店舗のカギを開けるところから1日が始まります。すぐにPCを立ち上げて、昨日の退勤後に届いたメールをチェック。本部からの連絡事項や、遅番の社員からの共有情報などに目を通します(ちなみに、この日は早番です)。メールチェックを終えたら、レジ開けなどの開店準備に入ります。

出勤

8:30品出し準備

発注されていた商品が、写真のようなカゴ車に乗って店舗に配達されます。それを下ろし、商品のカテゴリーごとに整理。力仕事ですが、小柄な彼女でもできる範囲です。重すぎる荷物であれば、他のスタッフが力を貸してくれます。 また、パートナーさんが出勤してくるのもこの時間帯。1日の作業割当表を前日に作成済みなので、それをもとに担当業務を指示。商品を店頭に並べる「品出し」を順次スタートしてもらいます。

品出し準備

9:30開店前チェック

商品の陳列状態だったり、売り場を最終確認。乱れがないか、商品量が不足していないかなどチェック。

開店前チェック

10:00開店

朝礼で今日の連絡事項、接客用語の唱和を全員で行い、開店します。 開店したら、売れて在庫が少なくなる商品が出てくるので、随時品出しをしていきます。また店長としては、店舗の売上の確認や、コンクールと呼ばれる店舗ごとの販売競争において、自分の店舗がどこまで目標を達成しているかの確認も大事な仕事です。

開店

11:00接客

登録販売者の資格を持っているため、薬の販売接客を担当します。また、店長はもともと化粧品担当だったため、お客さまから化粧品の質問があった場合にも対応。地域密着を掲げているサツドラ。ほぼ毎日やってこられるお客さまもいらっしゃいます。自然と顔馴染みになって、世間話をしたりする間柄になることも珍しくありません。

接客

12:00お昼休み

何かあったらすぐに店舗に出られるよう、休憩室でお昼ごはん。店長は、店舗で販売しているおにぎりなどで済ますことが多いとか。スタッフの中には、冷凍食品のグラタンとピラフをまぜてドリアをつくっている強者も!みんな工夫して、ランチを楽しんでいます。


13:00スタッフ教育

スタッフの教育や指導も店長の重要な業務。常に、スタッフの動きに気を配り、要所要所で指示を出すようにしている店長。もちろん自分でやったほうが早い場合もありますが、スタッフの成長のためにそこは我慢。口頭で教えるというより、一緒にやってみて教えるというのが彼女のスタイルです。
 ちなみに商品ディスプレイに関しては、本部から出される大まかな指示をもとに、店長がそれをどう打ち出すのか具体的に考えて決めていきます。その見せ方ひとつで、売上が大きく変わってくるので、腕の見せ所と言えます。

新サービスを開始する時は、スタッフを集めて、そのレクチャーを実施。理解しやすいように、少人数で行っています。また、「推奨品」といって、全店舗で重点的に推奨販売する商品があり、その商品の特徴をスタッフに伝えるのも店長の役目。店長会議などで学んできた情報を伝え、販売促進につながるよう指導していきます。


14:30発注

自動発注システムが導入されているのですが、細かな発注数量の調整には、人の手が必要。店舗ごとに異なる周辺の環境や客層を踏まえて、発注数量を専用端末で修正していきます。 このためにも、常に情報に対してアンテナをはっておくことが店長には求められます。例えば、どんな商品が世の中で流行っているのかを知っていれば、商品ディスプレイの仕方も変わってきます。また、お客さまから「あのタレントが出ているCMの商品はありますか?」なんて質問を頂くことも多いので、TVや雑誌などのチェックは欠かせません。

発注

15:30遅番の社員が出勤

早番の店長から遅番の社員へ、例えば「商品の問い合わせをされたお客さまが、今夜来店予定」といった申し送り事項を共有。社員が一人出勤して、少し余裕ができる時間帯でもあるので、翌日の作業割当表や提出書類を作成したりもします。

遅番の社員が出勤

17:00退勤

夜の従業員に最後の引き継ぎを済ませ、退勤。早番以外にも、中番、遅番といったシフトの日もあります。

お疲れ様でした!

女性の働き方Q&A

女性社員と男性社員で仕事内容は違いますか?
はい、違いはあります。
入社当時は男女関係なく仕事をしますが、
部門担当を任せられるようになると男性は食品やホーム、女性は化粧品担当者になることが多いです。
男性は、化粧品担当者になっている人はいませんが、女性は、店内全ての部門を担当できますので、女性の働く幅は広いと思います。
女性社員と男性社員でのキャリアプランの違いはありますか?
いいえ、ありません。
以前は、圧倒的に男性店長が多かったですが、今は約2割が女性店長です。
またブロックマネジャーとして活躍している女性もいます。
実力とやる気があれば女性もどんどんキャリアップが実現できます。
出産・育児の為の制度はどのようなものがありますか?
○産前産後休暇
法律に従い産前42日間・産後56日間の休暇があります。
出産後は健康保険組合より、出産一時金、出産手当金が支給されます。

○育児休業
育児休業は、基本的に子どもの1歳の誕生日前日まで可能です。
また子どもが保育園に入れない場合は、最大2歳まで延長可能です。
育児休業中は、雇用保険から育児休業給付金が支給されます。
育児中の職場はどうですか?
お子さんが熱を出して止むを得ず休まないといけない時もありますが、職場のみなさんが理解し、
フォローしてくれる雰囲気があります。働きやすさを感じる環境です。
育児と仕事両立する為の福利厚生は
どのようなものがありますか?
○育児短時間勤務
法律では、子どもが3歳まで勤務時間短縮することが可能ですが、
当社は、小学3年生まで1日につき2時間を限度に30分単位で勤務時間を短縮することができます。

当初は、法律通りの3歳までの育児短時間勤務でしたが、実際のママからの声で小学3年生まで延長されました。
産休後復帰して活躍しているママさんスタッフがたくさんいます。
復帰後すぐは6時間勤務で、復帰一年後に育児に余裕が少しできたら6時間30分勤務に変更するなど、柔軟に対応しています。
より多くの女性が出産して復帰して働きやすくなるように、ママさんスタッフが育児と仕事を両立して頑張ってくれています!