サツドラホールディングスの広報担当ブログです

サツドラ独占販売「新子焼きのタレ」を現地で実食!

サツドラ店舗で旭川名物「新子焼き」のタレを販売しているのをご存知ですか?

今年の2月から、”焼鳥らんまん” さん監修のもと、商品化したタレをサツドラで独占販売しているんです。

当社が積極出店し、10店舗を構える旭川。

地元の方々の協力を得ながらこの地を大いに盛り上げていきたいという当社と、創業から70年以上を数える老舗店自慢の味を広めていきたいという店主との想いが一致し、商品化に至りました。

 

 

新子焼きは、若鶏の半身を素焼きにした豪快な焼き鳥で、戦後の旭川で誕生。

今でも庶民のごちそうとして愛され続けている世代を超えた旭川のソウルフードです。

 

 

先日、旭川で仕事があったので、”焼鳥らんまん”さんにお邪魔してきました。

店内に入ると、メニューボードの下に商品化したタレが展示!

店長さんにご挨拶し、商品開発に至るまでの裏話などで盛り上がりました。

先代から受け継がれたタレのレシピは門外不出であり、商品化の話が来たときには、店長も相当悩まれたようです。

 

 

商品化したタレですが、常連さんの間でも店舗の味と区別がつかないレベルに再現し、また話題性もあることから店長は商品化して良かったと笑顔で答えてくれました。

そして、、、注文した新子焼きが運ばれてきました~

これを手で食べるということで、なんとも豪快!!

 

 

では早速、いただきまーす!

※写真右は当社社長の富山

 

 

むむむっ!美味い!!(白目)

 

 

タレが非常にマッチしていて、見た目より全然しつこくない!

お皿に溜まったタレにコショウを振って、そのタレに新子焼きをつけて食べるのも乙。

お酒もついつい進んでしまいました。ごちそうさまです!

私たちも商品化したタレとの味の違いは、正直わかりませんでした。

 

 

炭火焼きの若鶏半身や焼鳥、グリル焼きの手羽先に合うことはもちろん、

チャーハンやカレーの隠し味など、家庭でこの味が堪能できるなんて!

 

 

1本498円(税別)、サツドラ店舗で絶賛販売中!

“焼鳥らんまん”さんとの食べ比べもオススメです!